May 21, 2007

エヴァンゲリオンのページに、エヴァ本イメージアップ開始

エヴァンゲリオンのページを更新しました。

以前、出版目指して書いていた、エヴァ本の序論のアップです(エヴァンゲリオンの本の書籍化イメージ)。

本当は本の形でまとめたかったのですが、なかなかうまくまとまらず、

かつ、下手な文章を直すのにも疲れ、とりあえず断念しました。

なんといっても仕事疲れが・・・

一人で書いて読んでいてもしょうがないので、少しずつ、ホームページに

アップしていこうかと思います。

不思議なもので、ホームページ用文章だとものすごく早く書けるのですが、

これは書籍用だから文を上手く書かなくては・・と思った途端に筆がとまるんですよね・・

やはり、普段からいい加減に文章を書きなぐるのに慣れてしまうと、そういう書き方しかできなくなってしまうということかもしれません。

うまくまとまれば、それこそ、出版社に持ってくのですが・・(間をとって、同人誌という手もあるか)

| | Comments (3) | TrackBack (4)

April 28, 2007

富野語録名作選第五回「なぜサンライズの経営陣を抹殺しようとしたのか」

ひさしぶりに、ガンダムのページを更新しました。

富野語録名作選の、なぜサンライズの経営陣を抹殺しようとしたのかです。

富野監督のサンライズの経営陣への怒りと、抹殺計画(?)および、ターゲットとなったサンライズ首脳側のコメントをまとめたものです。

内容については、まあ、興味ある方には直接読んでもらうとして(個人的な感想も合わせて書きましたので・・)、それ以外の点について少し書きます。

まず、コンバトラーVとボルテスⅤ(ファイブ)というのは、一時はロボットアニメの代表だったと思います。

私の曖昧な記憶でいうと、コンバトラーVやボルテスⅤの大人気があり、その後記憶の空白期があり、数年後のガンダムの大ブームがあります。

(ちなみに、ライディーンは私の記憶ではコンバトラーVなどより後なのですが、実際は逆でした。ライディーンは何度も再放送したため、順序の記憶がごちゃごちゃです)

その間に、ザンボット3が作られたりしていたわけですが、今から考えるとコンバトラーVやボルテスⅤとザンボット3との差というのは、非常に大きなものがあります。

一言でいうと、子どものためのロボットアニメか、大人のためのロボットアニメかというところでしょうか?

しかし、ボルテスVにしろボルテスⅤにしろ、もしくは闘将ダイモスにしろ、(要するに長浜監督作品ですが)、もし、富野監督が熱望していたように、富野監督作品となっていたら、どんな話になっていたのでしょうか?

やはりザンボット3のような、いわゆる富野アニメ路線を全面展開したのか、それとも、ザンボット3には、打倒長浜監督の思いがあったからこそ、それまでのロボットアニメとの差別化が行なわれたのか・・

打倒長浜監督という視点での発言も、別途まとめて見たいと思います。

(宮崎駿監督に対する発言をまとめる方が、順序としては先かもしれません)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

April 20, 2007

親と子のガンプラブログ紹介

しばらく前から、親と子のガンプラブログというものを立ち上げました。

まだ始めたばかりですが、結構頻繁に更新していることもあり、ひとこと紹介します。

もともと、子供にせがまれて(自分が欲しくて?)買ったガンプラが、購入後数日で見る影も無くなってしまうために、せめて作った時ぐらい写真にでも撮ろうかという主旨です。

私もガンプラ作るのは20年ぶりなので、昔のガンプラブームの頃を思い出しながら作っています。

もっとも、塗装といってもたまにガンダムマーカー使うぐらいなのですが、今後はいろいろ勉強して立派な作品が作れるように頑張ろうと思います。

(といっても、作ってもあっという間に壊れてしまうので、子供の遊び用と観賞用は分ける必要があるかもしれません)

基本的に、子供がジオラマを考えて、子供に写真をとらせています。

子供がジオラマ趣味を持ったのは、ケロロ軍曹の影響ですね。

親の影響とケロロ軍曹の影響もあり、5歳にしては相当マニアックな知識を持っています。(おもちゃ屋行くと、結構こういう親子、最近時々みかけます。いいんだかどうだか・・)

最近はスカパーでもいろんなアニメやっているし、ネットでもいろいろ放映しているので、今の子供たちが大人になる頃には、現在では考えられないような「ハイパーオタク」が出現しそうな気がします。(自分の子供にはそうなって欲しくはないのですが、そうなれば、ほぼ全面的に私のせいでしょう・・)

とくに、ケロロ軍曹の影響は大きかったです。(といって、子供のオタク化の責任をバンダイとサンライズに責任転嫁してしまう・・)

まあ、バンダイの戦略に完全にはまった親子もいたということで・・

ともかく、こちらのブログでは、今後もハイペースでガンプラのジオラマを紹介していくと思います。

| | Comments (80) | TrackBack (101)

April 14, 2007

皆様のエヴァンゲリオンに裕さんの「気持ち悪い」の解釈を追加

エヴァンゲリオンのページの、みなさまのエヴァンゲリオンのコーナーに、裕さんから頂いた考察をアップしました。

THE END OF EVANGELION 「気持ち悪い」の真意について、です。

途中までの解釈は、スキゾかパラノに掲載されていた考えに近いのですが、それを映画版の最後まで適用させたのが、面白いところです。ありがとうございました!

もともと、2月なかばに頂いていた論考だったのですが、アップまでに2ヶ月近くかかってしまいました。

前回アップした、セルピムさんの論考を12月から手違いにより寝かせてしまっていた件ともあわせ、今後は、どうしたら迅速にホームページの更新をできるか、考えなくてはいけないと思います。

また、エヴァページの管理という面では、掲示板の様々な書き込みなども、きちんと整備しようとすると時間がかかり、結局挫折してしまうので、今後はとりあえず過去ログが読めるようにしたいと思います。

| | Comments (6) | TrackBack (8)

April 08, 2007

エヴァンゲリオンのページにセルピムさんの論考アップ

エヴァンゲリオンのページにおいて、先週、セルピムさんから頂いた論考アスカ、心の不安をアップしました。セルピムさんには、これまでもエヴァ2の情報をはじめ、様々に協力いただいていますが、今回の論考もPSP版のエヴァ2ベースのアスカの心理についてです。

一見して気合の入り方がわかる力作ですが、私はまだPSP版エヴァ2のアスカシナリオをプレイしていないため、ちゃんと読んではいません。プレイするか、もしくはプレイしないことを決めてから、是非読ませていただこうと思っています。
(もっとも、PS2版のエヴァ2でさえ、十分やっていないのですが・・名探偵エヴァンゲリオンも遊びたいのですが、遊べていません・・。仕事後に気軽に遊べ、かつ子供にも邪魔されない(一緒に遊べる)アクションゲームばかりやっています・・)

セルピムさんからは、この論考のほかにも、エヴァの小説も送っていただきました。こちらは読ませていただいたのですが、アスカの記憶喪失の話で、とても面白く続きが楽しみです。こちらについては、こことは別のサイトに投稿されるそうですし、また、セルピムさん自身もホームページ立ち上げられたようなので、そのうちそちらに掲載されるのかもしれません。いずれ、セルピムさんのページにもリンクをはると思いますので、興味ある方は是非読んでいただければと思います。

ともあれ、最初に論考もらってから、こちらの手違い(メールが自動振り分けで迷惑メールコーナーへ・・)もあり、3ヶ月以上たってしまってからのアップとなり、セルピムさんには数度の再送信などお手数かけてしまいました。

アップ遅くなりましたが、論考ありがとうございました!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 21, 2007

ヱヴァンゲリヲン 新劇場のページ開設

とうとう、ヱヴァンゲリヲン 新劇場版のページを開設しました。

まだ、あまり内容はないのですが、じょじょに追加していきたいと思います。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の位置づけについての論文(というか感想)が今回のメインです。

なんだかんだと言っておりますが、要するに新作を(庵野監督を)応援したいという気持ちで書いております。

思いのほか長文になってしまいましたが、エヴァでそれなりに長い文章書くのも久しぶりです。どうのこうのいっても、庵野監督の所信表明を読んで、私自身、エヴァについて盛り上がってきたということでしょう。

残念なのは、今年の目標(というか、長年の悲願?)であったエヴァ本の制作について、ほぼ断念といった状態になっております。

これについてもいろいろ書きたいことはあるのですが、長くなるのでまた別途とします・・

| | Comments (0) | TrackBack (5)

February 02, 2007

近況、ブログの今後の方針、および宮崎アニメ論(ラピュタ論?)1

最近、体調を崩していたのと、仕事が忙しかったのがかさなり、ホームページの更新活動もブログも何もできませんでした。

とくに、年末年始に作ろうと思っていたエヴァ本が全く書けなかったことは、個人的にもがっかりでした。

これで私のエヴァ本出版計画もほぼ絶望的だなーと思いつつ、ともかく、何かしらホームページやブログを更新したいと考えています。

そこで、これまでのように、論文はホームページにアップ、ブログでは別のネタというやり方を変え、とりあえず書きたい内容をブログに書き溜め、完成したらホームページに反映するというやり方をとってみたいと思います。

そうすれば、比較的頻繁にブログはアップできるし、自分のモチベーション維持にいいのではないかという考えです。

というわけで、今回から、思いつくままに、論文の書き溜めを行ってみます。

とりあえず書籍等確認せずに記憶に基づいて殴り書きし、後でちゃんと調べてから、推敲し、ホームページに載せようという趣旨ですので、細かいミスは気にせず読み飛ばしておいていただければと思います(本当の勘違いもあるかもしれないので、ご指摘も歓迎です)

今回は、宮崎アニメ論、もしくは天空の城ラピュタのページを開設したら、そこのメインコンテンツになるであろう天空の城ラピュタ論です。(どっちにするかは、書きながら考えます)

---------------------------------

あの少女と少年のモデルは誰だったのか・・

かつての宮崎アニメには、純真で天真爛漫な少年と、可愛くて、でもどこか大人びた少女が常にセットであった。

ごく初期の「どうぶつ宝島」から始まり、「未来少年コナン」におけるコナンとラナ、「天空の城ラピュタ」におけるパズーとシータが代表的である。

彼らは、常にセットだった。

そして、理想的な少年・少女だった・・

しかし、ラピュタにおけるパズーとシータを最後に、その姿を消すことになる。

この論文では、以下の2点の探求をテーマとする。

1.あの少年と少女のモデルは誰であったのか

2.なぜ、ラピュタを最後に、彼らは消えたのか

・・以下、続く・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 15, 2006

イデオンに登場したガンダムのキャラたち

今回は、士牙剣さんから提供いただいた、イデオンの画像をアップしました。

士牙剣さん、ありがとうございます!

どちらも、伝説巨神イデオンのページにアップしたのですが、

ひとつは、イデオンに登場したガンダムのキャラたちの画像です。

もうひとつは、映画とテレビのキッチンの死に方の違い(あと、ダラムも・・)です。

とくに、前者のイデオンに登場したガンダムのキャラたちについては、噂ではなんとなく聞いていたような気もしますが、これだけまとめてみるのは私も初めてでした。

面白いのでは、イデオンとガンダムに興味があり、未見の方は是非見てください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2006

第三次スパロボαのイデオンの発動画像アップ

士牙剣さんに提供いただき、第三次スパロボαにおける、イデの発動の画像をアップしました。士牙剣さん、ありがとうございます!

画像はこちらのページです。

スパロボページもしくはイデオンページからでもリンクしています。

最近は私もイデオンのページをほとんど更新しておりませんが、まだ多少書きたいこともあるので、今後も時折コンテンツを追加したいと思います。

そういえば、スパロボもやっていないなぁ・・

今年は宮崎アニメもなく(ゲド戦記はあるけど)、ガンダムもない(富野アニメはありますが)ということもあり、宮崎アニメおよびガンダム系の旧作コンテンツは今年のうちに一通り完成させ、来年以降の新作に備えたいという気持ちはあるのですが・・

ホームページ作ってて思うのですが、ある程度話題のテーマでページ作り始めても、検索エンジンで上位にはいけず、結局誰もみないページになりがちです。

過去のテーマでページ作ると、検索エンジンにはひっかかりやすいのですが、もともと見る人が限られているので、やはり見る人は限られます。

最近作ったダ・ヴィンチ・コードのページや、去年作ったZガンダム、おととし作ったハウルの動く城のページは完全に前者のパターンで、結構それなりにコンテンツ作り、上位ページに負けない自信はあっても、ほとんど検索エンジンにはひっかかりません。

イデオンやボトムズのページなんかは後者のパターンで、検索エンジンではそれなりに上位にくるのですが、もともと見る人が限られています。今度作るターンエーガンダムのページもこの路線になります。

見る人がいないと、やる気がなくなってきて、もともと予定していたコンテンツすら書かずに終ってしまうことが多々あります。

たまには、時流にあったページを作りたいものだと思うのですが、ハウル、Zガンダム、ダ・ヴィンチ・コードでわかったのは、世間で話題になってからホームページつくりはじめたのでは、私の製作速度では遅すぎて時流にのれないということです。

そこで、まだ世間の話題になっていないテーマで、かつ私が比較的語りたいテーマがあるものは何かあるかなーと考えてみると・・12月にジェームズ・ボンド(007)の新作「カジノ・ロワイヤル」がありました。

12月なら、まだ半年あるので、いまから作れば、それなりのページが、映画公開で盛り上がる時期には出来るかもしれません。

ということで、今後はのろのろとジェームズ・ボンド関連のページも作っていくことにしようと思います。

| | Comments (12) | TrackBack (1)

June 03, 2006

スーパーロボット大戦のページの更新

第三次スーパーロボット大戦のページにおいて、士牙剣さんに提供いただいた、57話前の分岐のシナリオと、その他の情報をアップしました。

士牙剣さん、どうもありがとうございました!!

申し訳ないことに、データをもらってから、アップまでかなり時間がたってしまいました。

最近、ホームページの更新、ブログの更新とも滞ってきていたためです。

理由は、やはり仕事の疲労というところでしょうか・・?

5月は仕事が忙しく、ゴールデンウィークも半分は仕事でつぶれました。

まあ、残りの半分で香港行って来たのですが・・。

なんとなく、ようやく気分がひと段落してきた感じなので、今後は、また、ホームページの更新、ブログの更新とも、それなりにできるのではないかと思っています。

6月は、少なくとも週一回のブログ更新。目標は3日に一度のブログ更新といったところでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧