« 山田康雄再生計画の顛末 | Main | 天空の城ラピュタのホームページ開設 »

November 02, 2007

富野哲学の展開について

以前から作ろうとしている、バイストン・ウェルのページに載せるコンテンツの一つとして、以下の文章を書きます。

認識の哲学としての富野哲学

富野哲学とは、認識の哲学である。

その認識論のテーマが最も追求されていた時期は、機動戦士ガンダム、伝説巨神イデオン、聖戦士ダンバインといった作品群の時期である。

この論文では、認識論としての富野哲学が、この3作品でいかにテーマを追求し、展開をとげ、そして挫折していったのかを考証する。

1.機動戦士ガンダムにおける認識論

機動戦士ガンダムにおいてのテーマは、人間の認識はいかに変わりうるかということであった。

その基本的なアイデアは、地球という狭い環境に存在する人類が、宇宙という広大な環境に移動したとき、その認識力は変わらざるを得ないだろうということであった。

その空間的な変化に対応する認識の力の変化は、作品中ではニュータイプと呼ばれた。

それは、空間的な隔たりにかかわらず、お互いが、そのまま理解できる力として構想された。

「広大な宇宙空間で通信するのに必要なコミュニケーション能力が、オーラ力のテレパシーとして開花するのではないか。
つまり、大脳皮質がフルに働き出したために、広大な宇宙でスムーズに人を誤解なく理解できるようになった人、それが「ニュータイプ」なのです。」

2.伝説巨神イデオンにおける認識論

機動戦士ガンダムにおいては、認識力の強化は人間を「わかりあえる」存在にしうるとされた。

しかしながら、翌年、富野監督は、認識とはそもそも何なのかをもう一度改めて考え直した。その結果が伝説巨神イデオンである。

ここで富野監督がたどり着いた結論は、以下のものである。

・人間の認識は、3歳前後で固まってしまい、それ以降は変化しないということ。

・人間の認識力は変化しない以上、人は「わかりあえない」ということ。

つまり、機動戦士ガンダムの結論は180度変わったのである。

・人間の認識力が変化する時期は、赤ん坊~幼児期、睡眠時、死後のみであるということ。

これらのことを表現するために富野監督は、「イデ」という概念を使った。これは、富野監督の表現では、「認識力の集中した場所」ということである。

「所詮イデはイデでしかなくて、一口に言いますと、<知的生物の認識力の集中した場所>だと思ってください(富野監督アニメック53号インタビュー)」

「やはり、イデは実在ではなく、”知性の認識”が共振する”場”と考えたい。(イデの発現についてのメモ)」

なお、これらのイデの概念についての詳細は、イデオン論を参照のこと。

3.聖戦士ダンバインにおける認識論

ガンダムで認識能力の変化の可能性を描き、イデオンで認識の力そのものをテーマにした富野監督は、ここにいたり、さらに野心的な追求を行うことにする。

それは、そもそも認識というものが、どのようにして発生するのかという点を追求することであった。

そのためにバイストン・ウェルという世界を仮定する。

ここは、人間が、生まれてからものごころがつくまでのわずかな間、表現を変えれば認識力がつくまでのわずかな間が、バイストン・ウェルなのである。

「バイストン・ウェルのことを覚えているものは幸せである」

このバイストン・ウェルという世界と、地上の世界(いわゆる現実世界)を対比させることで、象徴的に、人間の精神構造の発達史(つまり認識能力の発達)を描くことが、この作品のテーマであった。

・・以下、続く・・・

|

« 山田康雄再生計画の顛末 | Main | 天空の城ラピュタのホームページ開設 »

Comments

 「その基本的なアイデアは、地球という狭い環境に存在する人類が、宇宙という広大な環境に移動したとき、その認識力は変わらざるを得ないだろうということであった。」

 「・人間の認識は、3歳前後で固まってしまい、それ以降は変化しないということ。」
 「・人間の認識力は変化しない以上、人は『わかりあえない』ということ。」

 以上引用した部分の認識論は、どちらも間違っています。

 私たちの住んでいるこの世界は、宇宙大で、創造主である神+自然法則+エネルギー一体不可分の働きで造られています。
 人の心も、同じく創造主である神+自然法則+エネルギー一体不可分の働きで造られています。
 こう出来ているので、人はこの世界のことが、他人の心も含めて、認識し理解できる仕組みになっているのです。

 いわゆる神の存在証明がもたらす意味について
 創造主である神の存在証明をして、神が造ったこの世界の成り立ちと仕組みについて説明し、人類史のリセットと再構築を試みる。
 一般法則論者拝 

Posted by: 一般法則論者 | November 03, 2007 at 02:59 AM

私の書いているのは、あくまでガンダムやイデオンの作中に現れている、富野監督の認識論ですので・・あまり気にしないで頂ければと思います。

Posted by: yasuaki | November 04, 2007 at 08:51 AM

この記事とは、直接関係のないコメントですが

アニメ監督の思想、哲学を読み解き、テーマを考える、このブログのコンセプトも含めて、その姿勢に感銘を受けました。
新訳Zガンダム論、∀ガンダム論を含めて、大変、正確な批評であり、新生富野監督のエッセンスを良く汲み取っていられると思います。

もっと、こうした視点でアニメを作品として楽しむことが広がればいいなと思います。

Posted by: Yo-suke | March 14, 2008 at 08:55 PM

Wow, amazing blog layout! How long have you been blogging for? you made blogging look easy. The overall look of your web site is excellent, as well as the content!

Posted by: consultations with doctors | September 08, 2015 at 12:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95880/16948148

Listed below are links to weblogs that reference 富野哲学の展開について:

« 山田康雄再生計画の顛末 | Main | 天空の城ラピュタのホームページ開設 »