« アナハイム・レポート1(日本航空とZガンダムとエヴァの保守について) | Main | 関東地獄地震からエヴァンゲリオンへ »

July 23, 2005

海のトリトンと逆襲のシャアの関係(手塚作品のロボットアニメへの影響の見直し)

この前、映画「海のトリトン」を見た関係で、ひさしぶりに手塚治虫のマンガ版「海のトリトン」を読み返してみました。

マンガ版は、結構混乱している話なのですが、それでも、数ある手塚作品の中でも印象深いもののひとつです。

しかし、今回強く感じたのは、もしかして、一般的に言われている手塚作品-富野作品の関係や、「海のトリトン」の作品評価は全て間違っていたのではないかということです。

もっとも、「一般的に言われている」といっても、何のことだかわからないと思いますので、少々解説します。

まず、「マンガ版の「海のトリトン」は、問題があり、ダメである」という有名な(?)見解があります。これは、誰の見解かというと、他ならぬ富野監督自身があちらこちらで言っていることです。

そして、それを裏付けるかのように、マンガ版には、たしかに混乱が見られます。手塚治虫本人が言っているように、当初の意図とは、物語の方向も、主人公も、途中で変わっているのです。中途半端な作品と言われても仕方ない面もあります。

しかし、本当にアニメ化には耐えられなかったのでしょうか?

たしかにそのままアニメ化はできないでしょうが、マンガ版の混乱部分を整理すれば、十分、すばらしいアニメ作品になりえたのではないかと、私は思います。

では、なぜ、富野監督は、原作を否定し、話を全部作り変えたのか?

本人は、否定するでしょうが、私は、富野監督は、手塚治虫(および虫プロ)と勝負したかったのだと思います。もともとアニメの道に進んだのは、手塚作品の影響であり、実際に虫プロに入社し、誰よりも多く手塚アニメの製作に関わったにも関わらず、結局、虫プロから出なくてはならなかった経緯。

そして、自分こそは、虫プロの手塚アニメを支えていたのだという自負。

そのプライドが、神様手塚治虫の原作を全て作り変え、完全に自分の作品として世に問うことで、世間にも、手塚治虫本人にも、虫プロにも問いたかったのでしょう。どっちが優れているか?と・・

そして、確かにそれは成功しました。視聴率こそふるわなかったものの、アニメ版は、マンガ版を完全に消し去りました。その証拠のひとつは、マンガの原題の「青いトリトン」が、テレビアニメにあわせて「海のトリトン」に変わったことです。

そして、手塚治虫は、マンガのあとがきなど、あちらこちらで、「自分はアニメ版には関わっていません」とわざわざ言ってまわることとなります。

そして、「海のトリトン」が、とくにラストはそっくり「ザンボット3」に引き継がれ、富野監督はこれ以降、ロボットアニメで成功していくこととなります。

しかし、以上の解釈は正しいのでしょうか?

私は、今回読み直してみて、何か肝心な点が今まで語られていなかったような気がしました。

一言でいえば、富野作品の多くは、彼が消し去ったマンガ版「海のトリトン」とあまりにも、どこか似ているのです。

ザンボット3やイデオン・・敵のみならず、味方であるべき人々からも攻撃されるという状況

イデオン・・敵対する2民族(?)の和平の可能性と崩壊

逆襲のシャア・・ポセイドンの人類侵略の言葉

「人間どもはこの海を滅ぼそうとしておる!海の生き物をとりつくし、おまけに海水に毒まで流し込んだ。これは自然への大罪だ!罪を犯すものは罰を受けねばならぬ。わしは海を守るため人間をこらしめてやらねばならぬ。」

「(ミサイル攻撃による)先手を打てばきっと成功する」

ポセイドンが、このように敵であるトリトンに言って理解を求めるとき、なんとなく、シャアが人類への粛清をアムロに説明しているシーンを思い浮かべるのは私だけでしょうか?

しかも、ラスト近く、トリトンがポセイドンをロケット閉じ込め、遠くへ飛び立つシーンなどは、そのままシャアとアムロのアクシズ落としのラストを連想させますし、さらに、トリトンが子供を守ろうとする点などは、「逆襲のシャア・ベルトーチカ・チルドレン(映画の初稿)」における、アムロがベルトーチカのおなかにいる自分の子供を守ろうとする点に非常に似た味わいがあります。

もともと、富野監督は、手塚作品「来るべき世界」がガンダムの原点と言っているので、似たところはいろいろあるのですが、それにしても、富野監督が完全に否定していたマンガ「海のトリトン」の中に、富野作品の代表的なテーマや演出が多々見つかったことは意外でした。

もう一度、手塚作品と富野作品の関係はよく考える必要があると思います。

とりあえず、私に思い浮かんだのは、フロイトの「モーゼと一神教」でした。

フロイトは、旧約聖書を精神分析し、ユダヤ教の発生をこう解釈します。

実は、ユダヤ人は自分達の指導者であるモーゼを殺害し、その「父親殺し」の罪の意識に耐えかねて、ユダヤ教をはじめたのではないか・・

なんかそれを連想しました。

つまり、富野監督は、「海のトリトン」において、憧れの神様手塚治虫の作品を破壊するという行為を行い(父親殺しによる乗り込えを目指した)、その罪の意識が、後の富野作品のテーマのいたるところに「海のトリトン」を呼び込んでいるのではないかと・・

さらに深読みすれば、富野作品で常に出てくる父との対立とは、手塚治虫との対立が反響しているのではないかと・・

さて、話は変わりますが、エヴァンゲリオンを見ていると、富野作品の影響が多々見えますが、基本設定の「対立するシトとヒト」および、それら両者を作ったと(企画書やエヴァ2で言われている)第一始祖民族との関係というのは、マンガ版「海のトリトン」におけるトリトン族とポセイドン族、そして、両種族を遺伝子操作で作り出したアトランティス人という設定を思い起こさせます。

手塚作品は、実は、通常考えられている以上に、ロボットアニメに対しても決定的な影響を及ぼしているのかもしれません。

<参考>海のトリトンのマンガ版は、手塚治虫全集版の方が本人のあとがきがあっていいのですが、アマゾンには今はこっちしかないようですし、こっちの方が安いので紹介します。あとの劇場版はテレビの総集編。DVD-BOXはテレビ版全話です。

|

« アナハイム・レポート1(日本航空とZガンダムとエヴァの保守について) | Main | 関東地獄地震からエヴァンゲリオンへ »

Comments

相変わらず「考えさせられる」テーマの投げかけですね。(笑)
ご承知のとおり、富野サンの言ってきたことを常に額面どおりに受け取ることは危険なわけですが。手塚さんが超えるべき偉大な父だったのは間違いないことで。神格化された父を継がねばならないという思いは、辛いことなのだろうな、とだけは分かるのですが。

Posted by: ずもっく | July 24, 2005 at 02:59 PM

富野監督や宮崎駿監督の世代というのは、まさに手塚治虫に心酔し、そして、乗り越えようとした世代なんですよね。
だから、一番、手塚治虫作品に対して、批判的なことをずけずけという世代でもあります。
一方、ずーっと下の世代であるこちらから見ると、批判の一方で、影響されている点、似ている点も多々見えるような気がします。
私の一連のホームページも、最後は、「手塚治虫作品研究ページ」になるのかもしれません・・

Posted by: yasuaki | July 25, 2005 at 12:27 AM

ハワイのクリスマス(手塚プロ再評価に向けて)と、こちらのエントリーを続けて読ませていただきました。
おかげさまで、常々、手塚氏の評価、特にアニメーション作品やアニメ化された作品の評価が低すぎると感じていましたが、理由の一端が理解できた気がします。

手塚氏を「漫画の神様」の一言で終わらせ、その裏で女性の描き方が~、人間の描き方が~などと
分け知り顔で誰かが既に言ったような批判をするばかりの言論がまかり通っているようですが、
それは手塚氏にも、手塚氏の作品に触れる機会があるはずの読者にも不幸なことだと思っています。

少し前にこちらのブログを知り、今、ゆっくりですが1つひとつ拝見させていただいております。
市場に流れているサブカル評論が無意味に思えるほど参考になる内容で、勉強させていただいております。
ありがとうございます。

Posted by: とりとり | October 03, 2013 at 04:29 PM

A person necessarily lend a hand to make significantly posts I'd state. That is the first time I frequented your web page and thus far? I amazed with the research you made to make this actual post extraordinary. Magnificent job!

Posted by: tarencontrecougar.info | July 06, 2014 at 12:51 PM

Highly descriptive article, I liked that a lot. Will there be a part 2?

Posted by: rencontre trans | October 14, 2014 at 08:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95880/5099894

Listed below are links to weblogs that reference 海のトリトンと逆襲のシャアの関係(手塚作品のロボットアニメへの影響の見直し):

« アナハイム・レポート1(日本航空とZガンダムとエヴァの保守について) | Main | 関東地獄地震からエヴァンゲリオンへ »